深刻な問題

老夫婦のクレー人形

有料老人ホームは今だからここまで増えましたが、昔は多くありませんでした。 何故かというと少し前までの平均寿命はかなり今より若かったからです。 60歳前後でなくなったりしていましたよね。 また今の時代に比べて 医療も発達していなかったです。 三大病も進行が早かったりしていたので、死亡率も高かったです。 今の時代は医療もかなりの早さで最先端になってきて、病気も治ったりできるようになって寿命がかなりのびたとおもいます。 有料老人ホームは昔から少ないイメージでした。 親は子が見るという時代でもあるので老人ホームに入れる人もいなかったようです。 料金もその分高かったですし、なかなか普通の人がすっと入れるホームではなかったのです。

有料老人ホームはこれからかなり施設数が増えていくと思います。 何故なら高齢化がかなりすすんでいるからです。 高齢者が増えると、やはり施設がたくさんいると思います。 高齢者の元気な具合により合わせた有料老人ホームがあると、痴呆が入ったりするのもかなり伸びると思います。 動ける方には老人マンションみたいにして、施設には1人暮らしができるようにし、集まる場所を作り一人にならない環境を作ってあげたらいいなと思います。 同世代でお話したり、体を動かしたりしていると楽しいですよね。 また体が動きにくい方にはしっかりと介護士が手伝ってくれて、生活ができるような施設があると親族の方も助かると思います。 これからどんどん利用者が増えると思うので施設内容はしっかりと考えるべきです。