自分で選ぼう

パソコンの前の男性

介護を必要としているお年寄りが利用するサービスには、特別養護老人ホーム、ケアハウス、有料老人ホーム、グループホーム、生活支援ハウス、高齢者向け賃貸などがあります。この中で自由度が高く充実したサービスを受けられるのが有料老人ホームです。 有料老人ホームは民間企業が各都道府県に届け出を出して運営している老人向け施設です。有料老人ホームを利用するには、市役所に行って届出の一覧をもらうか、あるいはひとつひとつの施設の資料を取り寄せていくつかに絞っていく作業が必要です。 有料老人ホームは数が沢山あります。その中でどこが自分にあっているのか判断するのに役立つのが体験入居です。体験入居をして契約をするという流れが一般的です。

有料老人ホームは数ある老人ホームの中でも一番お金がかかるサービスです。ある程度お金をもっているお年寄りしか入居できませんが、サービスが行き届いた質の高い生活ができます。また、最近は入居一時金0円の有料老人ホームも増えてきており、ちょっと前よりも敷居が低くなってきています。 行政が管理する特別養護老人ホームなどは提供されるサービスの範囲が決められているので、自分が希望するサービスを受けられない場合があります。しかし、有料老人ホームはお金を払えば希望するサービスを受けられます。食事も個人の希望を取り入れてくれるので、好き嫌いが多い人でも安心です。医療と介護サービスの質も高く、何不自由ない老後が送れます。